音楽配信は、「原盤使用許諾書」に同意が必要です。
以下、「原盤使用許諾書」
お客様(以下「契約者」という)と株式会社ティアスエンド(以下
「当社」という)とは、契約者が権利(原盤権及び実演家の権利)
を保有・管理する音楽コンテンツの当社又は当社の許諾する第三者
による利用について、以下の通り合意します。
契約者は、別途「同意」ボタンをクリックした時点で、本契約に
定めるすべての事項について承諾したとみなされます。

第1章 総則
第1条 (用語の定義)
(1) 本契約において、各用語は次のような意味を有します。
本件原盤契約者がレコード等の複製、頒布、公衆送信に関わる許諾
権を有する原盤(実演家の音楽実演をCD-R、HDD 等の媒体(RA
M等の一次媒体及び将来開発されるものを含む)に録音した固定物)
で、契約者が別途当社の定める手続にて当社に対して利用許諾を行
う、楽曲の原盤及びメタデータをいいます。
本件原盤に関する情報
本件原盤に係る楽曲名・レーベル名・実演家名・作曲家名・作詞家
名・音楽出版社・著作権等管理事業者に関する情報・アルバム名・
ジャケット等の情報・画像・動画を含む、契約者より提出される本
件原盤に係る楽曲毎の個別情報等をいいます。
本件コンテンツ
本件原盤に係る楽曲を本サービスにおいて利用するために、当社又
は当社の指定する者がエンコーディング等した音源データ(試聴用
音源を含む)をいいます。
氏名等
実演家の氏名、芸名、略称、写真、肖像、動画、筆跡、経歴、その
他本件原盤の実演家に係る全ての情報及び事項をいいます。
クライアント
本サービスを利用し、本件コンテンツを商用利用し、又は商用利用
を希望する第三者をいいます。
リスナー1020
クライアントを含む、本サービスを利用する一般消費者をいいます。
指名サービス
登録したクライアントに対し、当社を通じて、クライアントが楽曲
の委嘱を希望する契約者を指名し、クライアントが利用を希望する
委嘱作品と契約者とのマッチングを行うサービスをいいます。
またオーディション特定のクライアントの指定するジャンル・カテ
ゴリ・イメージ等に係る楽曲の特定の利用について、契約者から楽
曲の応募を募り、クライアントが利用を希望する楽曲と契約者から
応募された楽曲のマッチングを行うサービスをいいます。
本サービス
当社の運営する本件コンテンツの配信用サイト及び当社が本件コン
テンツの利用を許諾(委託を含む)する第三者(アグリゲータ及び
そのサブライセンサーを含み、以下「配信事業者」といいます)に
おいて、本件コンテンツを配信等するサービスをいいます。
(2) その他の用語の解釈については、著作権法の規定に従うものと
します。

第2章 本件原盤の利用許諾
第2条 (利用許諾)
(1) 契約者は、当社に対して、本契約期間中、本契約に定めるとこ
ろに従い、日本国内を含む全世界において、本件原盤、本件コンテ
ンツ並びにこれに伴う本件原盤に関する情報、氏名等(以下「本件
原盤等」といいます)につき、本件コンテンツの販売促進を目的と
して、以下の利用(音質、再生回数、再生単位、曲順などの制限な
く、有償無償を問いません)、及び当該利用を配信事業者に対して
再許諾することを(ク・ケ・コ号については委託を含む)非独占的
に許諾します。
但し、許諾の対象となる本件原盤、利用の形態、条件、相手方等に
ついては、別途当社所定の登録メニューに基づき、特定されるもの
とします。
(ア) 本件原盤をエンコーディング等して本件コンテンツを制作する
こと(試聴用データの切り出し、DRMによる保護等を含みます)
(イ) 本件コンテンツをインターネットを通じて配信すること
(PC向け、モバイル端末向け、又は携帯電話向け等を問わない。
以下同じ)、及びこれに伴うサーバ等への複製
(ウ) 店舗用BGM端末への複製ないしストリームによるBGM利用
(エ) ブログパーツ(試聴用パーツ)ないしショップパーツ(試聴兼
購入用パー
ツ)としてのストリームないしダウンロード利用
(オ) ブログ等におけるBGM形式のストリーム配信
(カ) 動画への利用及びそのストリーム・ダウンロード利用
(キ) 上記利用に伴うリンク又はタグ(埋め込み型を含む)の頒布並
びにこれに伴う第三者による疑似ストリーム利用
(ク) 楽曲検索サービスにおける登録、クライアントに対する試聴を
含む本件コンテンツに関する情報の提供(クライアントによる個々
の利用については、利用形態毎に、本契約上の他の条項を適用し、
又は契約者の承諾のもと別途当社・クライアント間にて定めるもの
とします。本号以下において同じ)
(ケ) 指名サービスにおける登録、クライアントに対する試聴を含む
本件コンテンツに関する情報の提供
(コ) オーディションにおける登録、クライアントに対する試聴を含
む本件コンテンツに関する情報の提供
(サ) その他、本件コンテンツの送信可能化及びこれに伴う複製に関
する一切の利用
(2) 当社(当社の指定する者を含みます)は、前項に定める利用に
伴い、本件原盤等について、以下の範囲で使用することができるも
のとし、契約者はこれを承諾します。また、契約者は、前項に定め
る利用において、本件コンテンツがバナー広告その他広告宣伝等に
供されることを承諾します。
(ア) TV・ラジオ・新聞・雑誌等のメディアにおいて、本サービスの
紹介・広告宣伝等の目的にて使用すること。
(イ) 本サービスにおけるキャンペーンの運営やメールマガジンでの
告知等で使用すること。
(ウ) 当社が制作するフライヤー、はがき、フリーペーパー等の広告
媒体で使用すること。
(エ) 当社が主催または共催するイベントのクレジットやイベントに
関わるフライヤー等の広告媒体で使用すること。
(オ) その他本サービスの広告宣伝、販促等に伴う無償配信。
(3) 本件原盤の登録、その利用形態、条件、相手方等の変更等につ
いて、契約者は、次項に定める場合を除き任意に行えるものとします。
但し、契約者は、当該変更が反映されるまでに別途当社の定める相
当の期間の経過が必要であることを認識し、了承します。
(4) 当社は、利用許諾の対象として登録された本件原盤等について、
本契約の期間満了、解除等の有無を問わず、登録された範囲内の利
用につき、利用可能となった日から3 ヶ月間、本契約に定める対価
を支払うことを条件として、第1項に定める利用を行う権利を有す
るものとし、契約者は、事由の如何に関わらずこれを停止すること
はできないものとします。
(5) 契約者は、本サービスにおいて、また、本件原盤等の利用に伴
い、当社または第三者の宣伝広告が掲載されることを承諾します。
(6) 契約者は、本件コンテンツの動画への利用その他第1項におけ
る利用につき、以下の事項を予め認識するものとし、これによって
生じる自己の一切の損害について、当社が免責され、契約者に対し
て何らの責任を負わないことを承諾します。
(ア) 本件原盤等が自己の意にそぐわない内容の動画その他コンテン
ツ、ブログ等に利用されるおそれがあること
(イ) 本件コンテンツがリスナー等本サービスの利用者を介してネット
上に流通するおそれがあること
第3条 (有償サービス)
(1) 本サービスを構成するサービスのうち有償のサービスについて、
別途契約者が登録メニューより登録した場合、契約者は、当該サービ
スの利用料(登録料、費用、その他名目を問わず、以下「利用料」
といいます)を当社に対して支払うものとします。利用料及び支払
条件については、有償のサービス毎に、別途当社が定め、予め表示
するものとします。
当社あるいは金融機関が不適切と判断する行為があった場合、当社は、
契約者に対する本サービスの全部又は一部の提供を停止し、又は本契
約の全部又は一部を解除できるものとします。
第4条 (本件原盤及び本件原盤に関する情報の提供)
(1) 契約者は、当社所定の方法およびフォーマット形式で、本サービ
スを実現するために必要な本件原盤を複製した記録媒体ないしデータ
及び本件原盤に関する情報を当社に無償で提供するものとします。
なお、当該提供に必要な一切の費用は、契約者の負担とします。
(2) 契約者は、当社が契約者に対し開示する配信事業者について、本
件原盤の登録の有無を確認し、登録されている配信事業者が存在する
場合、速やかに当社に報告をします。
(3) 本件原盤に係る楽曲について、音楽著作権管理事業者に委託され
ている場合、又は委託されることとなった場合、契約者は、当社に対
し、所定の方法にて申告するものとします。契約者は、当該申告を怠っ
たことによって、当社又は配信事業者に、事前に予定されていない、
本サービスで使用された本件原盤に係る楽曲に関する使用料などの支
払義務が発生した場合、又は管理事業者への支払が行えなかった場合、
一切の責任及び義務を負うものとします。
(4) 契約者が本条に定める提供義務、確認・報告義務を怠った結果、
配信事業者もしくは当社に損害が発生した場合、契約者は速やかに当
該損害について補償します。
第5条 (保証)
契約者は当社に対し、下記の事項を表明し保証します。
(ア) 本件原盤等について、利用許諾する正当な権利を保有していること。
(イ) 本件原盤等に係る著作権及び著作隣接権その他一切の権利につい
て、自ら保有し、又は権利者から許諾を得ていること。ただし、本件
原盤に係る楽曲の著作権が日本における音楽著作権管理事業者の管理
下にある場合、当該著作権管理事業者に対する使用料等の支払は、当
社又は配信事業者が行います。
(ウ) 本件原盤等及びその利用が第三者の著作権、著作隣接権その他一
切の権利を侵害しないこと。また、当社、配信事業者又はリスナーに
対して、本件原盤等の利用について、著作者人格権、実演家の人格権
等を行使しないこと。
(エ) 本件原盤等が第三者の著作権その他の権利を侵害することを理由
として、当社(配信事業者を含みます。以下本項において同じ)が第
三者から請求、訴訟等を受けたときは、契約者が自己の費用と責任を
もって、その請求や訴訟等を解決すること。この場合、弁護士費用等
を含む必要な経費については契約者の負担とし、また、当社がこの請
求や訴訟により損害を被った場合、契約者は当社に対しかかる損害を
補償します。
(オ) 本件原盤が適法に制作され、その利用が適法であること。
(カ) 本件原盤を当社に許諾後、配信事業者に対して重複して許諾しな
いこと。
第6条 (契約者の権利)
契約者は、本サービスに関する情報(ただし、契約者が第18条
(機密保持)にしたがって機密保持義務を負う情報を除きます。)
を契約者(本件原盤に係る実演家を含みます)のホームページ、販売
物、フライヤー、ライブ等において無償で使用することができるもの
とします。

第3章 支払条件・方法
第7条 (使用料)
(1) 当社は、本サービスにおける本件原盤等の一切の利用の対価とし
て、各利用毎に、当社所定の使用料メニュー記載の使用料を1円未満
を切り捨てて支払うものとします。
第8条 (指定銀行口座、締め日・支払日、支払明細)
(1) 契約者は、事前に定められた方法により、当社からの支払い用の
銀行口座を通知するものとします。その際、指定銀行口座の名義は、
契約者名と一致することを契約者は保証するものとします。
(2) 前項に定める対価の締め日・決済は、以下に定めたとおりとします。
締め日: 毎月 月末日
支払日: 締め日から75日以内
支払対象:
配信事業者、リスナー等からの入金があったもの
ただし、本契約が終了する場合を除き、当社から契約者への支払額が
5000円未満の場合、支払日の翌月に繰り越して支払うこととします。
なお、契約者が振込手数料を負担するものとし、当社は支払額から振込
手数料を控除して支払うものとします。また、振込手数料が支払額を超
過する場合、当社は当該支払に係る振込を留保できるものとします。
(3) 契約者は、指定銀行口座または明細書送付先を変更する場合、支払
日の1ヶ月前までに、当社に通知するものとします。
(4) 当社は、契約者に対し、締め日後の支払明細内容を、支払い予定日
の15日前までに通知するものとします。
(5) 契約者が当社に対して支払うべき債務がある場合、当社は、契約者
に対する債権と契約者に対して支払うべき対価とを、その対等額にて
相殺できるものとします。

第4章 期間
第9条 (本契約の期間)
(1) 本契約の有効期間は、本契約の締結日から翌年12月31日までと
します。
(2) 本条第1項の契約期間は、契約期間の満了の1ヶ月前までに契約者
または当社から解約の意思表示がない限り、更に1年間自動的に延長さ
れ以後も同様とします。また、契約者または当社から解約の意思表示が
あれば、意思表示をした日から起算して1ヶ月後に本契約は終了します。

第5章 一般条項
第10条 (当社からの通知)
(1) 本契約上の当社からの契約者への通知は、 電話、電子メールの送信
または書面の送付等、当社が適当と判断する方法により行うものとします。
(2) 前項における電子メールの送信にあたっては、契約時に申告された
契約者の電子メールアドレス(次条1項による変更後のものを含みます。
以下同じ。)に送信するものとします。また、当該通知は電子メールが
送信された時点で到達したものとします。
(3) 書面を送付する場合、当該通知は、契約時に申告された契約者の住
所(次条第1項による変更後のものを含みます。以下同じ。)宛てに当
社から郵便物を送付し到着した日又は送付日から4日間経過した日のい
ずれか早い時期に到達したものとみなされます。
第11条 (契約者からの連絡義務)
(1) 契約者は、契約者名、住所、電子メールアドレス、振込先、本件原
盤に関する情報等、本契約時に提供した情報に変更が生じた場合、当社
の指定する方法で遅滞なく当社にその旨通知すると共に、所定の手続き
をとるものとします。
(2) 当社は、契約者が前項の手続きを怠ったことにより契約者に生じた
損害については、一切その責任を負わないものとします。
第12条 (本契約の変更)
(1) 当社は、本契約、本契約に附帯する条件等、または本契約に付随す
るオプション契約(以下、「オプション契約」といいます)を追加・
変更する必要があると認められる場合、変更・追加等の内容を当社サイ
トに記載する方法により通知を行い、本契約を変更することができます。
(2) 契約者が変更・追加等の通知日以降に本件原盤等に係る登録手続又
は変更手続等を行った場合、通知日の属する月の翌月以降に支払われる
使用料を受領した場合、または、通知日から2週間以内に当社に対して
書面・電子メールによる通知、等当社の定める方法による異議の申し立
て又は契約解除の通知を行わなかったときは、本契約の変更・追加内容
について契約者の承諾があったものとみなします。
(3) 契約者が当該変更につき異議を申し立てた場合、当社は、契約者と
の本契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
(4) 変更通知のなされた日とは、その変更内容が当社サイトに掲載され
た日付を指し、契約者が通常の方法でアクセスすれば閲読できる状態に
おくことを意味しており、契約者によって実際にアクセスされた日付を
指すものではないものとします。
(5) 本契約が変更されたことにより、万一契約者が損害を被ったとして
も、当社は一切責任を負わないものとします。
第13条 (本契約の解除)
当社は、以下の項目に該当すると判断した場合には、何らの催告なしに
本契約をただちに解除することができます。
(1) 契約者が未成年者であって、本契約の締結について法定代理人
(親権者等)の同意を得ていない場合。
(2) 契約者が、以前に当社との間の契約を契約者の責に帰すべき事由に
より解除されていることが判明した場合。
(3) 契約者が当社の営業妨害をしている、またはそのおそれがあると当
社が判断した場合。
(4) 当社の競合他社等が当社の業務内容を調査する目的で契約を行って
いる、または行おうとしていることが判明した場合。
(5) 契約者が本契約に違反し、または本契約を遵守しないことが予測さ
れる場合。
(6) 前各項のほか、当社の業務遂行に支障を来たすおそれがあると当社
が判断した場合。
(7) 契約者が監督官庁より営業の取消し、停止等の処分を受けた場合。
(8) 契約者が第三者より仮差押、仮処分、競売、または強制執行等を受
けた場合。
(9) 契約者につき、破産手続開始、民事再生手続開始、特別清算開始、
会社更正手続開始その他これに類する手続に関する申立がある場合。
(10) 契約者が財務の状態が悪化し、またはそのおそれがあると認めら
れる相当の兆候がある場合。
(11) 契約者が、本契約の締結または履行に際し、不正または虚偽の通
知をする等の行為があった場合。
第14条 (本契約の終了・解除後の措置)
(1) その理由の如何を問わず、本契約が終了した場合、当社は、データ
作成者の如何を問わず、当社の設備内に蓄積された契約者に関連する
データを事前通知なしに消去することができ、それらのデータあるいは
そのコピーを契約者に対して利用させる義務を負いません。
(2) その理由の如何を問わず、本契約が終了した場合、当社サイトに掲
載されたテキスト情報、画像情報等、本件原盤に関する情報の一部につ
いては、契約終了、解除後も基本的に表示します。但し、契約者からの
申し出があり、当社がこれを承諾するときは、表示を削除するものとします。
(3) その理由の如何を問わず、本契約が終了した場合、第2条4項、
第5条、第10条、第11条、本条、第15条、第16条、第18条2項な
いし4項、第19条ないし第21条は、本契約の終了後も継続して完全な
効力を維持するものとします。
(4) その理由の如何を問わず、本契約が終了した場合といえども、当社は、
本件原盤等について、終了した日から3ヶ月間(第2条4項に定める期間
を含む)、本契約に定める対価を支払うことを条件として、第2条1項に
定める利用を行う権利を有するものとし、契約者はこれを承諾します。
(5) 第12条列挙事由のいずれかに該当することにより契約者が当社に損
害を被らせた場合は、当社が本契約を解除するか否かにかかわらず、契約
者は当社に対して損害賠償の義務を負うものとします。
第15条 (機密保持)
契約者は、本契約の内容および本契約の履行により知り得た当社の営業
上、技術上の秘密その他一切の機密情報を第三者に開示漏洩しないもの
とし、また漏洩防止のため適切な措置をおこなうものとします。但し、
以下の各項に定める情報については、この限りではありません
(1) 既に公知の情報および開示後受領者の責めによらず公知となった情報。
(2) 開示される以前から正当に取得したこと、または独自に取得したこと
を受領者が証明できる情報。
(3) 第三者から機密保持義務を負わず適法に入手した情報。
(4) 開示者が機密から除外することを書面により同意した情報。
(5) 法律、裁判所、その他の正当な権限を有する政府機関の命令、要求又
は要請に従い開示される情報。
第16条 (損害賠償)
(1) 契約者または当社が本契約に違反し、それを原因として生じた損害は、
それぞれ相手方に損害賠償を請求することができるものとします。ただし、
当社およびその役員と従業員は、本契約または法令等に違反し、故意また
は重過失によって相手方に損害を生じさせた場合を除き、情報等が破損も
しくは滅失したことによって生じた損害、ならびに本サービスから得た情
報等に起因して生じた損害、その他本サービスの利用に伴って生じた一切
の損害(特別損害、付随的損害および派生的 損害を含みます。)について、
その理由、原因のいかんにかかわらず損害賠償責任を負わないものとします。
(2) 契約者は、当社サービスの利用又は本件原盤等の許諾に伴い国内外を
問わず第三者に対して損害を与え、または第三者からクレームを受けた場合、
自己の責任と費用でこれを処理解決し、当社に一切損害を及ぼさないように
するものとします。
(3) 契約者は、当社サービスの利用に伴い、国内外を問わず第三者から損害
受け、または第三者に対してクレームを通知する場合において、自己の責
任と費用でこれを処理解決し、当社に一切損害を及ぼさないようにするもの
とします。
第17条 (個人情報の利用目的)
(1) 当社は、当社が取得・保有する個人情報の利用目的に関して、契約者に
関わる情報を適切な範囲で本サービス、当社サービス、及び関連するアフ
ターサービス、その他当社の行うキャンペーンの運営、マーケティング活動
のために利用できるものとします。なお、当社は、本件原盤等を本サービス
において利用するにあたり、また法令上認められている範囲で、第三者に対
して氏名等を開示する場合があり、契約者はこれを承諾します。
(2) 当社は、個人情報保護の安全管理に関して、契約者の個人情報を保護す
るための規程類を定め、役員を初めとする当社に勤務する全てのスタッフに
周知・徹底を図ります。また、契約者の個人情報を保護するために必要とな
る安全管理措置の維持・向上に努めることします。
第18条 (サービスの中断・廃止等)
(1) 当社及び配信事業者は、以下の各項に該当する場合、事前に契約者に通
知することなく、本サービスを中断・停止・終了・廃止・譲渡・売却するこ
とができ、これに起因または関連して発生したすべての損失や損害(ブログ
やプロフィールのデータもしくはコンテンツが何らかの原因で消失した場合
を含みます。)については、一切責任を負いません。
(ア) システムの保守・工事を行う場合。
(イ) 天災地変、火災、戦争、暴動、騒動、労働争議等これに準ずる事態の
発生した場合。
(ウ) システムのトラブル等による場合。
(エ) 当社ないし本サービスを構成する関連機関が利用する電力の提供が中
断された場合。
(オ) 本サービスないし当社サービスを構成するインターネットサーバーが
接続する上流ネットワークのルーティングトラブル等、インターネット回
線に障害が起きた場合。
(カ) その他、上記に準ずる運用上ないし技術上の理由のある場合。
(キ) 当社による事業運営上の理由のある場合。
(2) 当社は、本サービス及び当社サービスについて、その完全性、正確性、
権利性、安全性、確実性及び有用性等を含む法律上の瑕疵担保責任(隠れ
た瑕疵を含む)を含む全ての明示または黙示の保証をしないものとします。
(3) 本契約に関連して当社に契約者に対する損害賠償責任が発生するいか
なる場合においても、当社は、契約者が被った特別損害(予見可能性の有
無を問わない)、データ等の滅失又は毀損、逸失利益について何ら賠償責
任を負わないものとします。
(4) 本契約上の免責規定については、当社に故意又は重大な過失がある場
合を除くものとします。
第19条 (信義則)
契約者および当社は、本契約に定められた各条項を、信義をもって誠実に
履行し、本契約に定めなき事項および本契約の各条項の解釈に疑義が生じ
たときは、誠意をもって協議し、その解決にあたるものとします。
第20条 (無効)
本契約(これに附帯する条件、オプション契約等を含む)の各条項の全部
は一部が法令等により無効となる場合であっても、当該無効部分を除き、
他の条項及び文言は、有効とします。
第21条 (裁判管轄)
原盤使用許諾契約
本契約に関する一切の係争についての管轄裁判所は、当社本社所在地を
管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄とします。